人気青汁製品を比較しました
メインイメージ

青汁に使われる野菜と含有成分一覧

このページでは青汁に使われることの多い野菜をリストアップ!
その野菜に含まれる嬉しい栄養素もあわせて紹介しています。

明日葉
angelica keiskei

明日葉は、日本原産の珍しい野菜。
八丈島などの比較的温暖な地域に自生しています。
カルコンという特有成分を含み、この成分が健康維持や美容など様々な目的に役立ってくれるのが特徴です。

明日葉はセリ科の植物で、若菜を摘んでも明日にはまた伸びている…と言われるほど成長が早く生命力に満ちた野菜。
古くは不老長寿の妙薬と言われていました。

八丈島産の明日葉は、特に大きくて質が良く、健康維持に役立つと評判!
カルコン以外にも、クマリンなどの有用成分をたっぷり含有しています。

その他には、β-カロテンやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類も豊富。
カルシウムやカリウム、鉄分などのミネラル類もたっぷりと含まれています。

食物繊維も豊富なので、気になるポッコリお腹を解消したい方にもオススメです。

味わいはクセがなく爽やか!
ほのかに甘味を感じるスッキリとした風味が特徴です。
その為、明日葉を原材料に使った青汁は「非常に飲みやすい」と言われています。

明日葉を使った青汁

明日葉を原材料に使用した青汁と言えば、ふるさと青汁が代表的。
八丈島産の無農薬栽培された明日葉を原材料に使用しています。
ふるさと青汁には明日葉の根や茎まで使用されているため、たっぷりのカルコンを摂取できるのが魅力です。

初回は2週間分のサンプル付き!
まずは試すことができるので、ぜひトライしてみてください。

ケール
kale

ケールは、青汁の原材料の中でも最もオーソドックスな野菜です。
緑黄色野菜の王様とも呼ばれる野菜で、栄養素を豊富に含みます。
アブラナ科アブラナ属に属し、キャベツの親戚とも言える植物です。

ヨーロッパなどでは比較的ポピュラーですが、日本ではあまり見かけることがないかも?
苦味が非常に強く、青臭さも強烈。
ケールが【青汁=苦くてまずい】というイメージを定着させた張本人と言っても過言ではありません。

栄養素的には、健康維持に役立つ優れた成分をたっぷり含みます。
例えば、β-カロテンやビタミンCなど。
還元力に優れたビタミン類がたっぷり含まれているのが特徴です。

ミネラル類では、カルシウムが豊富。
カルシウムは、歯や骨をつくる基本となるだけでなく、イライラ解消にも役立つ栄養素です。

大麦若葉
barley

穀類の大麦を若葉の段階で刈り取ったものを「大麦若葉」と呼びます。
ビタミン類やミネラル類を豊富に含む他、強力な抗酸化作用を持ったSOD酵素を含有しているというメリットも!
生活習慣が気になる方や美容が気になる方は必見の青汁素材です。

上品でクセのない味わいが特徴。
わずかではありますが、甘さも感じられます。
ケール青汁と比べると、大麦若葉が原材料になっている青汁は、飲みやすいと評判です。

大麦若葉を使った青汁

大麦若葉を使った青汁の代表例としては、ふるさと青汁が挙げられます。
ふるさと青汁の主原料は明日葉ですが、それをサポートする形で大麦若葉が配合されています。
いずれも飲みやすい味わいなので、スッキリと爽やかに飲むことができます。

トップに戻る