海藻入り青汁酵素入り青汁蜂蜜入り青汁豆乳入り青汁

自分にあった青汁の選び方

青汁選びは何が目的で青汁を飲むのかで初めの選択がはじまります。
例えば野菜不足の不規則な食生活に悩んで青汁を飲もうとしている人ならば、「ケールの青汁」「明日葉の青汁」「桑の葉の青汁」がおすすめですし、ダイエットが目的でしたら「明日葉の青汁」です。

明日葉の青汁はダイエットの味方なのですが、
カルコンという明日葉だけに入っている成分が、むくみを排出するだけでなく、セルライトという水分と老廃物が結びついたやっかいなものにまで干渉してくれます。
勿論、他の原料にも食物繊維はたっぷりと詰まっていますので、腸の老廃物を追い出し、新陳代謝を高めてくれる効果はあります。
健康のため、病気予防のため、美容のため、目的別で紹介していきます。

例えば更年期障害が苦しくて青汁で緩和したい場合は、豆乳+青汁がお勧めです。
豆乳には大豆イソフラボンという女性ホルモンの乱れを落ち着かせる成分が入っています。
青汁にも精神を落ち着け、自律神経を回復させる効果があります。

花粉症が改善するというのは「ケールの青汁」です。
青汁全体に免疫向上効果や血液をサラサラにする効果、自律神経のバランスの安定、疲労回復効果などと様々な効果がありますので、特別な病気に対してでなければどれでも選べます。

肌が綺麗になりたい人は、青汁だけでもいいのですが「レモンの青汁」のようにビタミンCがたっぷりと入った製品を選びましょう。
また、青汁+コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタ、コエンザイムQ10などといった美容成分が配合されたものがお勧めです。
青汁にも葉酸やビタミン、ミネラルが豊富に含まれていますので、肌の代謝を助けてくれることでしょう。

自分の目的にあったものの中から、まずはお試しセットで味を確認しましょう。こちらのサイトを参考にするのも良いでしょう。http://www.aojirulife.net/

毎日飲む物ですから、嫌にならない味を選びたいものです。
青汁は健康にもダイエットにも効果的な飲み物です。