人気青汁製品を比較しました
メインイメージ

錠剤タイプの青汁のメリット

青汁は粉末状のものだけではありません。
食べるジェルタイプや完全にブレンドされた缶ジュースタイプ、生に近い冷凍タイプや錠剤タイプなどがあります。
この錠剤タイプのメリットは青汁が完全に駄目な人でも飲めることです。 http://xn--nckg3oobb6892cot4az0h884h.com/

どんなに飲みやすくなった青汁でもどうしても口に合わない人や、青汁の味を完全に消して料理に取り入れて食べるのに疲れたという人に、とてもお勧めです。
青汁は健康補助食品で薬ではありません。
しかし薬のような気持ちで飲んでみてはいかがでしょう。

いくら薬が苦手でも処方された薬を飲まないことはありません。
しかも錠剤ならば飲みやすさあって薬のように飲むことができます。
さしづめ野菜の薬でしょうか。

そこまでの覚悟が必要かといえば、本当に野菜嫌いの人には必要でしょう。
なにしろ錠剤タイプは飲みこみますので、青汁の味を飲みやすく調えているわけではありません。
むしろ青汁の栄養素を極限まで凝縮しているのです。

味を緩和するものが入っていない代わりに栄養素は強くなっています。
それは粉末タイプのようにすぐに身体に溶け込んでしまわないためで、錠剤タイプは少し時間がかかってしまうのも関係しています。
また錠剤タイプのメリットで大きいのは何処でも飲めるということです。

例えば粉末タイプですと水とシェーカーで振って作りますが、錠剤タイプは少しの水があれば飲めますし、種類によっては水なしでも飲むことができるものもあります。
朝忙しさのあまり飲み忘れた時に会社で飲んだり、疲れて帰ってきた時にも、いちいち作る手間がいりません。
他にも出張や旅行などにおいても持ち運びが簡単ですので、家でなくても人目を気にしないで簡単に飲めます。

青汁は製品タイプが多様ですが、錠剤タイプのメリットはその摂取のしやすさでしょう。
野菜嫌いで青汁を飲むのが苦痛になっている人や、忙しくて青汁を作っている手間が惜しい人にはお勧めのタイプです。

トップに戻る